京都大学 環境安全保健機構

header
トップページ 機構長から 環境安全保健機構 環境への取組 安全への取組 保健への取組 事故連絡票の作成 ヒヤリハット事例の作成 FAQ お問い合わせ 機構運営サイトへ KUCRS 環境エネルギー管理情報サイト 機構支援センターへ 環境科学センター 安全科学センター 放射性同位元素総合センター 健康科学センター

トップページ > ヒヤリハット事例のオンライン登録

ヒヤリハット事例のオンライン報告

はじめに

 

ヒヤリハット事例を提供頂き、有難うございます。以下のページでは、ヒヤリハットについての具体的な入力を行っていただけますが、それに先立ち、以下の注意事項をご一読いただくようお願いします。なお、本フォーム内で,糶(はしごだか)などの環境依存文字を使用しないでください。

 

ヒヤッとしたがケガ・疾病には到らなかった場合、病院で診察・治療するまでもない軽微なケガで済んだ場合はヒヤリハット事例として情報提供してください。提供して頂いたヒヤリハット事例は「作業の危険性の特定」に活用致します。
報告ではありませんので、個人情報の記載は任意と致します。

記載に際しては、
 ・どのような作業をしていた時に
 ・あやうく***しそうになった
 ・恐らく***のようなケガ・疾病になった
 ・こうすべきであった
の順でヒヤリとした感覚が消失するまえに入力してください。

※お願い
ヒヤリとした瞬間の作業と作業環境(周囲の状況)をできるだけ詳しく思い起こして記述してください。
この際、瞬時にどのような行動をとろうとしたか、記憶が残っていれば記述をお願いします。
学内で日常的に頻繁に行う作業でのヒヤリハット事例が集まる場合は、同様の作業を行っているとみられる部署(研究室)に注意喚起して事故回避に役立たせていただきます。

 

上記の注意事項の内容を確認しました。